息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

18ヶ月

今日は、18回目の月命日。


息子が旅立ってしまってから1年と半年。


目が覚めたら
昨日までのことは全部夢で、実は息子は生きている
そんな奇跡を願い続けて1年半。
奇跡は起こりそうにない。
起こらない。



どこにいても突然涙が溢れて、どれだけ流しても流しても止まらない。


この1年半で流した涙はどれくらいになるのだろう。
これだけ泣いても、この涙の量は、私の一生に流す涙のほんの一部でしかない。
これからも、生きている限りは涙を流し続ける。



なんでこんなことになってしまったのか。
現実なのかそうでないのかわからない感覚の中で、会いたくて会いたくて・・・すぐにでも会いに行きたくなる。
行きたくてもまだ行けないけど。



私は、息子の所に続いている道の、どのあたりまで進んで行けたのだろうか。
1年半で、どれだけ息子に近付けたのだろうか。


まだかな。


まだ1年と半年。


まだまだずーっとずーっと先。



私の中で時は止まったままでも、実際には息子へと進んで行っている。


でも、どこまで、いつまで続くのだろ。






「もういいかい?」


「まあだだよ」




「もういいかい?」


「まあだだよ」




「もういいよ」

って答えてくれるのは、いつのことだろうか。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。