息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

生きていくこと

暇な時は、録りためておいた韓国ドラマを観る。


最近は、ドラマに必要以上にのめり込んでいる気がする。


登場人物にムカついたり、ハラハラしたり。
最後にはどう終わるのか予想できるし、ただの作りもの、ドラマの中での出来事なのに、マジで腹を立てたり、かわいそうでたまらなくなったりする。


ふっと我に返って、なんでこんなにも真剣になっているのだろうと思った。


私はたぶん、そうやって現実逃避をしている。
少しでも息子のことを考えなくてすむように。


だけど、ドラマを観ていても、息子を思い出してしまうシーンがあって泣いてしまったり、目を背けてしまいたくなることもある。


息子のことを忘れたいわけじゃない。
忘れられるはずがない。


息子を思うと辛いから、苦しいから、寂しいから、そこから逃れたくなる時がある。


でも、私の心は息子でいっぱいだから、息子への思いで溢れかえっているから、何を見ても、どこにいても、息子を思い出す。



今更だけど
生きるってことは辛い。
生きていくのは苦しい。
悲しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。