息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

会いたいね

家の中のソファーにいつも座っているぬいぐるみたち。


ソファーは、ベランダの掃き出し窓のそばにある。


あの日、息子が旅立って行くのを、このぬいぐるみたちは見ていたはず。



息子が逝ってしまってすぐの頃

「見てたでしょ」

「なんで止めてくれんかったん?」

と、泣きながら責めたこともある。


ぬいぐるみを相手に責めるなんて、あの頃の私は普通じゃなかったのだろう。




今、私が寂しい時、悲しい時、苦しい時にいつもそばにいてくれるぬいぐるみたち。



今日も、突然に喪失感が襲ってきて、ぬいぐるみたちを胸に号泣した。



寂しいね


会いたいね




会いたいよ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。