息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

息子の名前

マンションの駐車場に停めている私の車の上には、大きな桜の木がある。


朝、車を見たら、おもに車の前の方あっちこちに4~5個のカラスの糞がこびりついている。

前日にも乗って、一晩停めていただけなのに。

それが何日も続いている。


カラスだから、糞もデカい。

カピカピに乾いた糞にスプレーをかけてしばらく置いてから拭き取る。

それを毎日乗る前に汗だくになりながらやっている。

なんでこうも毎日4つも5つもの糞を。

どう考えてもカラスの嫌がらせにしか思えない。


空を見上げ、息子の名前を呼び

「お願い、カラスに糞を落とすのをやめさせて

お願い!」

と頼んだ。


その翌日から、カラスの糞攻撃はなくなった。


息子が私の頼みを聞いてくれた。

ありがとう。

何度も何度も息子にお礼を言った。



私は息子の名前を一日に何回呼んでいるだろうか。

不安な時や落ち着かない時には、心の中で念仏のように息子の名前を繰り返す。


息子は

うるさいな、何回呼ぶねん

と思っているだろうか。

それとも、

そんな呼びかけにいちいち反応してられん

と、スルーしているのだろうか。


ほんとにバカみたいに何度も名前を呼ぶから、スルーしてくれていい。

たまにお願いした時に聞いてくれたら、それでいい。








毎日、寂しい。


毎日、会いたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。