息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

娘の誕生日

今日は娘の28歳の誕生日。


誕生日には、毎年りんごのケーキを作る。

下半分をちょっと硬め、上半分を柔らかめの2層の生地にして、その中にりんごを3個ぎっしり敷き詰めて焼くだけの簡単なケーキ。

私が作るケーキの中では、このケーキが娘も息子も一番好きで、誕生日にはいつもリクエストされる。


娘の誕生日に、このケーキをみんなで分けて食べるのだけど、息子はいつも、本当はもっと食べたいのに遠慮してあまり食べない。


これは、姉ちゃんのお誕生日のケーキやから


と。


大好きなケーキを、姉のことを想って我慢して食べずにいる心優しい息子のために、私は2、3日してからもう一度同じケーキを焼く。


これはいっぱい食べていいからね。


それを、喜んで嬉しそうに食べる息子を見るのが好きだった。

その姿を、もう二度と見ることはできない。

ケーキを二回続けて焼くこともない。



いつも息子のためにしていたことが、息子にしてあげたいことが、ひとつひとつなくなっていく。


悲しい。




今日は娘の誕生日。

笑顔で祝ってあげよう。


28年前の今日、無事に生まれてきてくれたことに

母親に私を選んでくれたことに

これからも生きていける力を

生きていく希望を

今私に与えてくれていることに

心から感謝して。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。