息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

理由

彼女ができた時、息子はすぐに私に打ち明けてくれた。

照れ臭そうに話す息子を見て、私はとても嬉しかった。

その彼女とは、ずっと友だちとして付き合っていて、彼女の方から

「好きになったから付き合ってほしい」

と言われたらしい。

バイトが終わったあとの電話でそう言われ、帰って来てすぐに私に話してくれた。

よっぽど嬉しかったんだろうな。


そのあとも彼女とのことはいろいろ話してくれた。

「今日は手をつないだよ」

とか。

写真も、いっしょに撮ったプリクラも見せてくれた。


「どうして僕なんかのことを好きになってくれたのか、不思議でしょうがない」

とも言っていた。

息子は、どうせ僕なんか・・・と、何でもネガティブに考えてしまうところがあったから。


時々息子は、私の頭をくしゃくしゃと撫でることがあった。

いつだったかいつものように頭を撫でる息子の手を、頭痛がして気分が悪かった私は払い除けてしまった。

息子は

「彼女は僕に頭を撫でられるのが好きやで」

と言った。

頭痛のせいもあって、

「彼女が喜ぶからって私も喜ぶとは限らへんわ!」

イラつき気味に言ってしまった。

あの時、息子の手を払い除けたりせずにずっとずっとず~っと撫でてもらえばよかった。



亡くなる前日に、息子は彼女から別れを告げられた。

そのショックが大きすぎて、息子は発作的に自ら死を選んでしまった。


彼女から別れを告げられなければ


彼女と付き合ったりしなかったら


彼女と出会わなかったら


息子は今私のそばにいたのだろうか。


息子の心が弱かった故のことではあるけど、どうしてもそう思わずにはいられない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。