息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

何もかもが

お正月が過ぎたと思ったら、成人式にセンター試験。

どうしても息子に繋げてしまう。


それが終われば、節分にバレンタインデー。

どんなことにも息子との思い出がいっぱい詰まっている。


そのあとは、卒業式、入学式という華やかなシーン。

本来なら息子は、今年大学を卒業するはずだった。

息子の晴れ姿はもう見られない。



それが過ぎだら、2回目の命日がやって来る。

1年のうちで一番気持ちが不安定になって、苦しい時期。

今年もまた命日が近くなると、どうしようもない不安に襲われて、落ち着かなくなってしまうのだろう。



何もなくても辛い涙涙の日々。

いろんな行事や出来事が、辛さを倍増させる。

楽しかったはずのことが全て、悲しみを誘う。


何もかも、本当に何もかも変わってしまったんだと思う。




「どの季節が一番好きですか?」

なんて聞かれても答えられない。


どの季節もみんな嫌いだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。