息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

ひさしぶりの更新

気付いたら、5ヶ月以上もブログを更新できずにいた。

自分の心の内を吐き出すことで楽になれていたこの場が、なんとなく負担に感じてしまって、長い間ほったらかしになってしまった。



息子に会えなくなってから、もうすぐ2年と2ヶ月。



今はまだまだ号泣することもあって、眠れない夜もあって、親子連れを見たり、そこら中にある息子との思い出のある場所では涙ぐむこともよくあるけど、それでも前よりは泣くことは少なくなったかなと思う。


以前は、思い出すのは悲しい顔、苦しんでいる顔ばかりで、記憶を掘り起こして掘り起こしてやっとなんとか笑顔を思い出せる状態だったのが、今は自然に息子の笑顔を思い浮かべることができる。


腹を抱えて笑い転げる姿、夫やあっちで出会った友だちといっしょに笑い合ってはしゃいでいる姿が浮かんでくる。


でもそのあとに必ず襲ってくる


ごめんね

私のせい

私が悪い

ごめんなさい


という気持ち


これだけは変わらない。

なくならない。



生きていてくれさえすればよかったと、今はもう思わない。

生きていくのが辛くて、この世の中で生きていけなくて旅立つことを選んだ息子に、生きていてほしかったというのはとても酷なこと。

これでよかったとは決して思わないけど、幸せになれる別の居場所を見つけて、今は笑って過ごしているのならそれでいい。



それでもやっぱり


名前を呼んだら飛んで来てほしい。

そばにいてほしい。

声が聞きたい。


笑顔を想っても苦しくて


会いたくて、会いたくて。



私が息子のもとへ行けば、息子に会える。

でも、それは今じゃない。

今は会えない。

だけど、その日は必ず来るから、それまで我慢するしかない。



2年経っても辛くてどうしようもなく悲しくて、なんにも変わっていないようで、少しずつ何かが変わっているような、そんな気がする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。