息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

励ましに来て

あるドラマを見ていたら、こんなシーンがあった。


娘を亡くした父親が、娘のことを思いながらひとりでお酒を飲んでいた。

しばらく飲んだ後、娘の写真を胸に抱きながら眠ってしまった。

それを見ていた娘が

亡くなっているから霊となって現れたのだけど

父親の隣に横たわり、ずっと父親を抱きしめていた。


私が寂しい時、泣いている時に、息子もそんなふうに私に寄り添ってくれているのだろうか。


息子に抱きしめられるのももちろんいいけど、私が息子を抱きしめたい。

ぎゅっと抱きしめて

苦しんでいたことに気付かなくて、ごめんな

会いたかったで

大好きやで

と、いつまでも思いっきり抱きしめていたい。


今、私が歩んでいる先には、そんな幸せな瞬間が待っている。

そう信じたい。

そう信じよう。



朝目覚めるたびに

今日もまた目覚めてしまった

また1日が始まる

と思う。

今日1日が過ぎれば、幸せな瞬間にまた1歩近付けるんだと、自分に言い聞かせて無理矢理体を起こす。


しんどいな、しんどい。

たまには息子が、夢の中に励ましに来てくれんかな。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。