息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

14ヶ月

7日は14回目の月命日だった。



織姫と彦星は会えたのだろうか。

以前は、一年に一度しか会えないなんてかわいそうだと思っていたけど、たとえ一年に一度だけでも会うことができるのなら、どれだけ幸せなことかと思う。


願い事って、例えば初詣の時であったり、流れ星を見た時であったり、

家族みんなが幸せに暮らせますように

って、いつもそう願ってた。


夫が亡くなったあとも、夫に

何があっても娘と息子のことだけは守ってね

とお願いしていた。


願い事なんて叶わないんだ。


なんで息子を連れて行ってしまったのかと、夫を恨んだこともあった。


息子は自分で選んだ道を行き、幸せになれた。

この世にいたら息子は幸せにはなれなかったんだと、今はそう思えるけど、やっぱり寂しい、会いたい。


織姫と彦星も会えなければいいのにと思った。




母にはとても仲のいい従妹がいて、前にその従妹が転んで手首を骨折して入院したことがあった。

最近また転んだらしく、骨折はしなかったが、念のために一日だけ入院して様子を見ようってことだったのに、調子が悪くて10日以上経つけどまだ入院している。

母はそんなこともあって、従妹の物忘れがひどかったり、言ってることがおかしかったりもするので、認知症ではないのかと、いろいろ考えていたら涙が出てきたと言っていた。

私には

「いつまでもそんなことでどうするん!?」

「いい加減に忘れなさい」

と言い、私が泣いたら怒るのに、自分はそんなことで泣くんだ。

そこでは泣いてもいいんだ。




期日前投票にも行った。

この前に行った時は、息子もいっしょだった。

「行くんやったら、俺もいっしょに行くわ」

って。

あの時はいたのに、今はいない。


いろんな思いでぐちゃぐちゃで、悲しくて、気持ちが落ちている。


何も考えたくない。


何も感じたくない。



早く息子に会いたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。