息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

思い出してしまうもの

今日は、息子の29回目の月命日。
そして、夫の誕生日でもある。




ネットのあるクイズをやっていたら、その答えに「犬猿の仲」というのがあった。


その言葉を見聞きすると、いつも息子と夫を思い出す。
息子が戌年で、夫が申年だったから。


息子が生まれた時、夫が
「犬猿の仲って言うから、相性が悪いんやろか」
なんて、冗談で話してた。


もちろん、夫と息子は犬猿の仲なんかではなかったけど。


今あっちの世界でも、ふたりで仲良くやっているんだろうな。


なんて、そんなことを考えていると、涙が溢れてきた。


こんな諺ひとつで泣いてしまうなんて、何やってんだろ。



考えてみれば、あっちにもこっちにも、見ても聞いても思い出してしまうものがいっぱいある。
どうしても見たくないものは見ないように、行けない場所は遠回りしてでも避けてはいるけど、29ヶ月経ってもだめなものはだめだ。


無理に慣れる必要なんかないし、なんとかよけながら生きていくかな。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。