息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

疲れた

大晦日と元日に、うちと兄の家族とで母の家に集まった。


兄には、娘がひとりと息子がふたりいる。

甥二人は、息子と年齢が近いので、どうしても息子と重ね合わせてしまう。

甥の姿を見るだけで、涙が溢れそうになった。


義姉が甥と仲良く話していたり、いっしょに横に並んで座っているのだけでも、義姉には息子がいる、ただそれだけが羨ましくて羨ましくてたまらなかった。


娘と姪と甥たちが揃って、楽しそうに笑いながら話をして盛り上がっている。

去年はその輪の中には息子もいた。

息子もいっしょになって笑っていた。

今年は、なんでうちの息子だけがいないのだろう。


泣きそうになるのを必死でこらえた。

こんなふうになるってことはわかってはいたけど、実際には予想以上に辛かった。

作り笑いをしてなんともないふりをして。


でも泣かなかった。

泣きそうにはなったけどこらえた。

泣かずに頑張った。

うん、ほんとに頑張った。

偉いぞ、私。


頑張った分、どっと疲れがきた。


泣くのを我慢した分、思いっきり泣きたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。