息子に会いたい

21歳の息子に先立たれてしまった母

私はどこまで馬鹿なんだろう

私には、子どもが生まれてから心に決めていたことがあった。


いつか私が死んだら、娘と息子が幸せに暮らしていけるように、ずっと見守り続けて、もしふたりの身に何か危機が迫ってくるようなことがあったら、何としても守ってみせると。


肉体がなくてもそんなことができるのかとか、何もわからなかったけど、子どもを愛する親なら当たり前にできるものだと、私は絶対に守ってみせると思っていた。



順番通りなら、私が先に逝くはずだったのに。

まさか息子が先に逝ってしまうなんて。



生きている間にでさえ守ることができなかったのに、よくもそんなことが言えたもんだと、自分にあきれてしまう。


こんな私を、今は息子が守ってくれている。

たぶんだけど、そう感じる。


私がそうするはずだったのに。

なんで立場が逆転してしまったんだろ。





守れなくて、ごめんね。



いつも守ってくれて、ありがとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。